FC2ブログ
鋼管の専門問屋☆株式会社ニッコーのブログ
炭素鋼鋼管、ステンレス鋼管のことなら株式会社ニッコーへ
09 | 2019/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

大阪ステンレス流通協会/準決勝
6/8、とうとう準決勝を迎えました。

今年より1部にリーグ昇格し、すでにベスト4入り。
しかし、優勝を目指す我々には準決勝は通過点に過ぎません。

対戦相手は阪和工材殿で、過去の対戦成績は練習試合を含め1勝1敗。
今こそ雌雄を決する時です!

木谷総監督も真剣な眼差しでアップ中の選手を見つめます。
重苦しい暗雲がこの先の苦戦を暗示しているのか・・・
K GM7

そんな中、プレイボール!

1回表、先発/左近選手が満塁のピンチを招くもなんとか0点で切り抜ける。
1回裏、逆に満塁のチャンスを作るも無得点。
2回・3回とお互いランナーを出しながらも要所を締め、0点行進。
4回、無死1塁・2塁で左近選手に異変。爪が割れてしまい、急遽伊藤選手がリリーフ。
結果、4点を失ってしまう。
5回・6回と伊藤投手が0点で抑えるが、時間的に6回裏が最後の攻撃となる。
ここで回ってきたのは2試合で7打数4安打1ホーマーの4番/次山選手。

フルスイングで捉えた打球は大きな弧を描き、ライトスタンドへ!
ようやくニッコーに1点が入り、一気に沸くニッコーベンチ。
重苦しい空気を切り裂くような当たりでした。

その後、2死ながら満塁のチャンスを作り、バッターは1番/名田選手。
前打席まで含めて今大会7打数6安打3四死球と絶好調。まさにクライマックスです。

相手投手の全力投球にフルスイングで応える名田選手。


響く金属音・・・

捉えた打球は高く高く上がり・・・



相手投手のグラブの中へスッポリ。

その瞬間、ニッコーの敗退が決まりました。
お互いピンチを作りながらも失点を許さない、痺れる試合内容でした。

全体写真1

応援に来てくれた皆様、ありがとうございました。

また来年頑張ります!!
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

鋼管のニッコー

Author:鋼管のニッコー
炭素鋼鋼管、ステンレス鋼管の専門問屋。
1949年の創業以来、長年培ったノウハウと圧倒的な在庫量、そして全国ネットワークによる即納体制で、あらゆるニーズにお応えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR